世界遺産!ウルル(エアーズロック)へ!持ち物、コストはどのくらい?

オーストラリアのほぼ中心にあるウルル(エアーズロック)。
世界で2番目に大きい一枚岩で有名ですね。(1番は西オーストラリアにあるマウント・オーガスタス)

ウルルの自然の偉大さと美しさは、宇宙規模!
ぜひぜひ生の目で見てほしい絶景です。

しかし、ウルルへ行くには時間もコストもかかるイメージが多いのではないでしょうか?

今日は、私が実際にウルルでかかった費用や持って行った物も併せてご紹介しますね♪

ツアー会社を通すと、いろんな説明が聞けたりポイントを確実に周れるのが魅力ですが、時間に制限があるので、自由にウルルを探索したい方は個人手配がお勧め♪
航空券、ホテル、レンタカーを手配するだけ!あとは自由にウルルを周っちゃいましょう♪

ウルル2泊3日の旅(ブリスベン発)

【ウルルでしたい事】
・サンセット、サンライズを見る
・ウルル散策、登山
・カタジュタ、風の谷を散策
・ラクダに乗って夕日を見る
・星空でのほほん

■航空券

ブリスベンからは、エアーズロック空港までJetstar,ヴァージンオーストラリア,カンタス航空がでています!
出発日によっては、時間とコストが全然違うので上手に日程を決めましょう♪

私が利用したのはJetstar。
おすすめの曜日は月、水、金曜日出発のの2泊3日。
行きも帰りも直行便で、往復なんと$350~$400(手荷物7kgのみ) ※2018年9月現在調べ

フライト時間も、価格も飛び抜けてお得です!
飛行機からウルルを見るには、行きはAの窓側、帰りはFの窓側に指定すると見れます!(^^)!

いつも、フライト検索はバックパッカーご用達のSkyscanner(スカイスキャナー)で見ています(^^)/

Skyscannerホームページ
https://www.skyscanner.jp/

■宿泊先

私が予約したのはOutback Pionner Lodgeというバックパッカーズ。

ウルルの宿は少ないので、日程が決まれば早めに予約しましょう!
このロッジはドミトリー4人部屋で1泊46ドルとお得。

共有キッチンがあるので自炊で食費を抑えることも可能です♪
ちなみに外食すると、1食25ドル~30ドルはします!あとビールも1杯10ドル!!!

また、空港⇔ホテル間の無料シャトルバスが出ているのも魅力の一つです♪

■レンタカー

行けるところは自分たちで周りたいのと、できるだけコストを抑えて旅行したかったので、レンタカーを借りました。

エアーズロック空港、またはエアーズロック市内で借りることができます!

・Airport Rentals(英語サイト)
https://www.airportrentals.com.au/

レンタカーは事前に予約しておきましょう。
また、市内の方が少し安く借りることができます!

・レンタカー費用 2泊$200
・保険 2人$71.2

さてさて、現地の予約が完了したら、旅へのパッキングです♪

これが私が持って行ったもの(笑)
ちなみに7kg以下なので機内持ち込みできます♪

【ウルルへの持ち物】

・着替え(服、防寒着、ヒートテック、スパッツ、薄手のパーカー)
・寝巻(暖かいものがいい)
・下着1日分※シャワー時に手洗いして干して置くと乾きます。
・サングラス
・日焼け止め
・バスグッズ(ボディーソープ)※リンスインシャンプーは設備がありました。
・ビーチサンダル
・帽子(キャップとニット帽)
・ドライヤー
・歯磨きセット
・化粧道具
・スキンケア
・ハンガー1本
・手作りサーターアンダギー(機内での朝ごはん)
・薄手のひざ掛け
・滑り止め付き軍手
・リップクリーム(日差しが強いので口が荒れます!) ※9月11日追記

※バスタオルはフロントで借りれるので必要ないです♪

【旅行後あったらよかったと思ったもの】

・ちょっとした食料(カップラーメン)※現地でも買えますが高いです。
・ウエストポーチ
・コップ(朝晩が冷え込むので暖かい紅茶が飲みたくなります。)
・ハエ除けネット(ハエ1匹2匹でほとんどいませんでしたが、口元に止まったり耳にブンブン止まってくるのが少し苦に感じました。)
・ウェットティッシュ ※9月11日追記
・エコバック(買い物袋) ※9月11日追記

【ウルルへの服装】

朝晩はとっても冷え込むので防寒着は必ず持っていきましょう!日中は半そででも大丈夫♪
ウルル散策や登山が目的な方は、長ズボンに履きなれた滑りにくい靴がマストです!

私は愛用のメキシカンパーカーを持っていきました。(かさばります(笑))
友人はウルトラライトダウンを持ってきてました!かしこい(^^)/

■ツアーの予約

ウルルの見どころでも、中にはツアーでしか行けないところもあります。

・ラクダツアー
・フィールド・オブ・ライト(イルミネーション鑑賞)

この2つは予約がいります!イルミネーションはホテルの受付でも予約できますが、らくだツアーは人気があるのですぐ満席になる可能性があります!

ラクダで行くサンライズ・サンセット[英語ツアー]
https://www.ats.co.jp/product_info.php?cPath=&products_id=378

これで準備は満タンです!

ウルル2泊3日の過ごし方は次回紹介させていただきますね♪

↓↓オーストラリア留学・ワーキングホリデーサーチは↓↓
エデュ・オセアニア

 

オーストラリアのファーストフード店を上手に利用しよう

カンタベリービジネスカレッジ ~ITコース編~

関連記事

  1. わくわくするおしゃれな本屋さん発見!

    こんにちは。エデュ・オセアニア オーストラリアのサユリです。オーストラリアではユーモアあるデ…

  2. メイドインオーストラリア!手荒れによく効くハンドクリーム

    冬真っ盛りのオーストラリア。冬といえば、乾燥が気になる季節。オーストラリアの乾燥は日本よ…

  3. おしゃれな祭典「 ビッグ・デザイン・マーケット」in Sydne…

    こんにちは。エデュ・オセアニア オーストラリアのサユリです。11月も終わりに近づき、やっと暖かく…

  4. 話題の英語コース!サバイバーイングリッシュでネイティブ英語を習得…

    シドニーとメルボルンにキャンパスを持つ語学学校、Ability English(アビリティ・イングリ…

  5. 浮かぶ森?シドニーにある難破船。

    難破船と聞くとなんだかゾクゾクしてしまう人は多いのではないでしょうか。そんな難破船がシドニー…

  6. ローカルカフェでバリスタとして働く

    オーストラリアのコーヒー文化はとても有名です。街の至る所にカフェがあり、どのカフェに行ってもハズ…

  7. イングリッシュ アンリミテッド(EU) ジュニアイングリッシュプ…

    オーストラリアのシドニーにあるイングリッシュ アンリミテッド(EU)より2018年度!ジュニアイ…

  8. メルボルンの可愛い小屋のあるビーチ。

    メルボルンといえばアート!自然!おしゃれ!アート好きにはたまらない、とっても可愛いビーチがありま…

英語学校キャンペーン

カレッジキャンペーン

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、最新ブログをメールで読めちゃいます!

969人の購読者に加わりましょう

ピックアップ記事

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オーストラリア 学校 リスト






学校をもっと見る

PAGE TOP