オーストラリア インターンシップ

インターンシップ

海外での就職に憧れて、たくさんの方々からお問い合わせ頂いていますが、ビザの取得などの問題が多少困難。そこで、期間限定で企業内研修(インターンシップ)という形で、オーストラリアの企業で働く体験が可能です。 英語圏の場合、「TOEIC 600点」が1つの目安ですが、語学力や実務に自信の無い方のために、下記のスペシャルプログラム(ビジネス英語+インターンシップ)をご用意いたしました。

このコースでは、実際の職場の中で上手に対応していくための技術を学びます。職場で必要な単語や会話、コミニケーションの技術を身に付けていくビジネスコース。英語のレベルによって期間が異なり、12週コースまたは24週コースになります。
中級レベル以下の方はモジュール1からスタートということになりますので、24週間コースになります(モジュール1だけの受講可)。
中上級レベルの方はモジュール2からスタートということになりますので、12週間コースとなります。

コース

ビジネス英語クラス:9:00 ~ 12:15

TOEIC試験準備クラス:1:00 ~ 2:00

第1週 オーストラリアのいろんな職種 質問の仕方 肯定的な質問と否定的な質問 ショートプレゼン 求人広告の見方
第2週 職場の配置について話し合う 履歴書について 履歴書(CV)を書く フォーマルレターについて カバーレターを書く
第3週 面接 面接の役割 企業から人を招待し、話を聞く ボディーランゲージ/理解していないときのアクションなど 実際の面接
第4週 指示に従う 指示を与える 手続きの書類 手順を書く あやふやにしない理解度のチェック
第5週 交渉について 交渉する際に必要な言葉 柔軟に考える 説得力のある言葉 広告効果
第6週 会議手順について 会議で必要な言葉 会議を行う

1分トーク

 

書き取り。Reported speech
第7週 記録法について グラフやフローチャートから情報を読み取り説明 グラフとフローチャート プレゼンのイメージ作り クラスでプレゼン
第8週 書類の作成 手短に述べる 自分の意見を述べる 情報をまとめる クラスでプレゼン
第9週 電話でのメッセージリスニング 電話でのメッセージ。書き方/話し方 メッセージを残す 電話での返答 丁寧な電話対応
第10週 ニュースを理解する。違うタイプのニュースについて話し合う ラジオニュース TVニュース うわさ話と公表されている話 仕事上の秘話を伝える
第11週 カジュアルな会話 カジュアルな会話 グループで話し合う スムーズにまとまらない状況。賛成意見と反対意見 職場での会話(発言)内容を記録する
第12週 職場内で価値を評価する 評価内容を書いてみる 評価内容をプレゼンで発表 クラスでプレゼン サーティフィケート授与./職場の選択
+
インターンシップ

※このスケジュールは授業内容の一部であり、すべてではありません。
※企業により1日の労働時間や週の労働日数などは変わります。

オーストラリアの企業(ワークエクスペリエンス)

企業 職種 仕事内容
ホテル 営業/宣伝 マーケティングの手伝い。宿泊の予約や問い合わせに返答する。
小売 購入/仕入れ マネージャーの手伝い。(衣類の仕入れやファッショントレードショー)、調整作業、その他のいろいろな管理作業など)
保育園 チャイルドケア― 子供達の指導や基本的ケア―、問題解決の手伝い、(親に対する)セミナーの助手。
旅行代理店 トラベルコンサルタント トラベルコンサルタントの手伝い、その他いろいろな管理業務や調査業務など)
派遣業 人材派遣 企業方針、給料と支払い簿に関連のある法律、総職員のトレーニングと発展を調査。
広告代理店 広告 営業、宣伝キャンペーン、広告の記録や、メディアのリリースをすすめていく。
テレビ局 TV/ラジオ 広告、メディアや様々なTVやラジオに関連のある企画など。
新聞社 ジャーナリズム 調査し新聞記事を書く、インタビュー、トピックの解析や研究など。
保険 保険 保険契約、再契約。
銀行 ファイナンス業、銀行業 銀行業とファイナンス業、有価証券一覧表の管理、株式の分析、事実上の記録など。
コンピュータ関連 IT ネットワークメンテナンスの手伝い、ソフトウェアの発展に伴い、新しいメディアの調査を行う。
社会福祉 福祉事業 難民援助運動、人権擁護、家庭内暴力等の問題解決の手伝い。
証券 ファイナンス ローン、経営資金、統計分析、報告などの手伝い。
家電 営業/Product Management 新製品の売り出し、営業、キャンペーン作業など。
会計事務所 経理 ファイナンシャルや会計管理計算、会計簿の調和や決算。

※観光ビザでは申し込みできません。 ※経験の有無は問いません。 ※保険加入が義務付けられています。