オーストラリア留学 資格・専門コース

TECSOL

オーストラリアで児童英語教師を目指して勉強しよう!

オーストラリア留学 資格・専門コース児童英語教師養成講座は、英語を母国語としない人が幼児~12才までの子供に英語を教えるための英語教師になるためのコースです。 子供に対する英語教育が盛んになるにつれ、日本でも児童英語教師の需要は高くなっていて、児童英語教師という職業が注目され始めています。

児童英語講師を目指す人は様々で、日本で小学校、幼稚園の教員免許を持っている人がキャリアアップを目的として児童英語教師育成コースに参加したり、全く異なったバックグラウンドを持った人も、帰国後の就職の為に、また資格取得の為などの理由で児童英語教師養成講座の授業を受講しています。

オーストラリア留学 資格・専門コース授業では、どのように子供達に英語を教えていくか、どのように授業を組み立てていくか、歌、ゲームを使った英語の教授法、チャイルドケアや児童心理学など専門的な勉強をする一方、発音矯正などのプログラムも組み込まれているため、受講者自身の基本英語力を高めることもできます。

また、コース自体は日本語で行う授業がメインで行われるもの、英語で授業が行われるもの、日本語・英語両方を利用するものなどがあります。英語でのコースを受講の場合は、日本人以外にもいろいろな国籍のクラスメートと一緒に勉強することになります。また、卒業後の就職も、日本人以外の英語を母国語としない子供に英語を教えることも可能になってきます。

児童英語教師育成コースに参加することのメリット

1. 就職に有利

コースの過程でほとんどの学校が、模擬レッスンや教育実習などを実習訓練として用意しています。日本での就職の際に、ほとんどの企業が採用試験で模擬レッスンを要求するので、模擬レッスンや教育実習などの授業で学んだことが直接役に立ちます。 また、学校によっては、コース修了後の就職サポートのサービスを提供しているところもあります。

2. 英語力アップ

コースの中に、発音矯正やチャンツと言う英語独特の言い回し、リズムイントネーションなどを習うプログラムが組み込まれています。このようなレッスンで、受講者自身の英語力をより高めることも出来るでしょう。また、児童心理学や、Child Careについての勉強も行われるので、専門的な知識や、ボキャブラリーを増やすことも可能です。

3. 資格がもらえる

それぞれの学校のコースを修了すると、その証明書、学校から提供されるCertificateをもらうことができます。オーストラリアの児童英語教師養成の学校を卒業した人の卒業証書も当然日本で有効となります。また学校によっては、英語指導者認定協議会 (J-shine)という特定非営利活動法人(NPO団体)の発行する「小学英語指導者資格」を取得することが可能です。この資格を持っていると、日本の公立・私立の小学校で英語教師として働くことが可能になります。

4.オーストラリアで受講する方が日本で受講するより安い!

一般にオーストラリアで提供されている児童英語教師養成講座の料金は、日本で行われている同じような内容のコースに比べて安く受講することができます。だからといってコースの内容がよくないといわけではなく、価格の違いは物価や為替の違いを反映したものになっています。実際、このコースを受ける目的のためだけに、シドニーにくる生徒さんもたくさんいます。 フルタイムのコースですと、長くても6週間くらいでコースを修了することができるので、観光ビザにてオーストラリアにきて勉強することも可能です。

コース選びのポイント

シドニーで現在受講可能な児童英語教師養成講座を一覧にしてありますので、学校選びの参考にしてください。 学校を選ぶ際のポイントになる点を簡単にまとめてみました。

1.コース期間、タイムテーブル

児童英語教師になるための一通りの勉強をするためには、通常フルタイムの時間で通って4週間から6週間くらいの期間が必要ですが、多くの学校はそれよりも短い期間のコースも提供しています。児童英語教師に興味があるけど自分にあっているかどうか不安なので、試しに初めて見たい人などにオススメです。また、学校によっては、自分で授業に参加する日時を決められるフレックスのコースを提供しているところもありますので、まとまった時間が確保できないという人は、フレックスコースで自分の都合に合わせて通うこともできます。

2.授業は日本語か英語か?

授業は日本人の先生による日本語での行われる授業をメインにするコースと英語のネイティブスピーカーの先生による英語で行われる授業があります。英語で行われるコースに入学する場合には、最低必要な英語力の証明の提出やレベルチェックテストを受ける必要があります。

3.取得できる資格、その後の就職

学校の発行してくれるCertificate以外に取得できる資格があるかどうかはコース選びの際の一つのポイントになります。J-Shineの資格は、日本の公立・私立の学校で働く場合以外にも、プライベートの英語学校の採用試験の際に一つの基準となるようです。また、学校による卒業後の就職サポートや、これまでの卒業生の就職実績などもよくチェックしてみるといいでしょう。

4.スペシャルプライス

学校によっては、通常の授業から期間限定のスペシャルプライスを提供しているところもあります。内容は、授業料や入学金が安くなるものから、その学校の提供しているほかの英語コース(一般英語、会話コース、TOEIC試験対策など)が無料もしくは格安の価格で受けられるといったものがあります。スペシャル価格は、時期によっていろいろ変わりますので、最新の情報は、お問い合わせください。

5.体験レッスン

多くの学校では、授業の体験レッスンを受けることが可能です。学校の雰囲気、授業の進め方などを自分で見て、体験して感じることができます。学校のスタッフにいろいろお話を聞くことも出来ます。もちろん、児童英語教師になりたいかどうかまだわかんないといった段階でも体験レッスンに参加していただけます。実際に体験レッスンを受けてみることで、自分がホントにこのコースを受けてみたいかどうかも分かってくるかもしれません。

シドニーで児童英語教師養成コースのある学校

  • ★レッツ(LETS - Language Education Tertiary School)
  • ★ACE(Australian College of English)
  • ★ミルトンカレッジ(Milton College)
  • ★UEC(Universal English College)
  • ★ACE(Australian College of English)
  • ★SELC KIDS ABC CLUB
  • ★Greenwich College
  • ★ワラビーインターナショナル(Wallaby international College)

児童英語教師養成講座の比較表(シドニー/オーストラリア)

児童英語教師育成講座についてのご質問、オーストラリアでこのコースを勉強するために必要なビザについての疑問など、無料でお答えいたします。こちらまでお気軽にお問い合わせください。 また、体験レッスンの予約も受け付けています。

オーストラリア留学 お問合せ