オーストラリア基礎知識

オーストラリアのビザ


 Simplified Student Visa Framework(SSVF)導入
 
 2016年7月1日から、Simplified Student Visa Framework(SSVF)が導入されました。

今までの留学生の国籍別アセスメントレベルと今年の7月から「教育機関のリスクレベル」が追加され学生ビザの簡便化を目的に、総合的にビザ審査がなされるようになります。そのため学生ビザのサブクラス数が8項目から2項目に減少します。

 変更後:2項目
1.Subclass 500 / 学生ビザ
2.Subclass 590 / 学生ガーディアンビザ

 
学生ビザ申請に必要な書類 
  1. enrolment requirements  (入学許可書、OSHC等)
  2. English language requirements (英語力証明)
  3. financial capacity requirements (資金証明)
  4. Genuine Temporary Entrant  (GTE)(戸籍謄本)


*日本国籍はレベル1にランクされていますので、基本的には上記の 2.英語力証明と 3.資金証明の 提出は不要となります。

*GTE制度(一時入国者であるかどうかを審査する制度)は、リスクレベルにかかわらず引き続き行われ、移民局よりGTE関連の書類確認(戸籍謄本や、留学目的のレター)が求められた場合は要提出となります。

*日本国籍の場合、レベル1−3の教育機関にリスク無しでお申込みができ、英語力と資金力の両証明 書も基本的には不要ですが、求められた場合は速やかに提出しましょう。