オーストラリア生活情報


オーストラリアの運転免許

オーストラリアでは下記の3タイプの方法で車の運転が可能です。各州により規定が異なりますので日本の免許証を使う場合でも、国際免許証の場合でも運転する州の規定を遵守する必要があります。オーストラリアの運転免許を日本より格安で取得できます。


 オーストラリアで運転できる3つの方法
 日本の運転免許証で運転 • 有効な日本の免許証
• 翻訳証明書 (州の規定に従う事)
• パスポートおよび有効なビザ(コピーでも可)
 国際免許証で運転  日本国内の「運転免許センター」や都道府県の「公安委員会」で国際免許証を取得。
 運転免許センター
  
 オーストラリアでの運転時には下記の3点を常に携帯。
  • 有効な国際免許証
  • 有効な日本の運転免許証
  • パスポート及びビザ(コピーでも可)
 現地の運転免許証を取得  6か月間連続してオーストラリアに滞在している場合、運転免許証が申請可能
 必要書類  
 • 有効な日本の運転免許証
 • 翻訳証明書(Multicultural NSW発行のもの)
 • 住所証明(公共料金等の請求書・支払書)
 • クレジットカードや学生証
 NSW州は視力適正試験のみ(実技・筆記試験は免除)


 州別 運転免許事情
 NSW州  日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば3ヶ月まで運転可能。 3ヶ月以上の滞在はNSW州のものに切りかえる。
翻訳は右記指定機関のみ有効。 MNSW  DSS
詳細は NSW Roards & Maritime  
日本語RTAハンドブック
 QLD州  日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば運転可能。 3ヶ月以上の滞在はQLD州のものに切りかえておいたほうがベター。
翻訳は右記の指定あり。  NAATIの資格者日本大使館/領事館 
詳細は Queensland Government
 VIC州  日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば運転可能。 
翻訳は右記の指定あり。  日本大使館/領事館の自動車運転免許証抜粋証明NAATI資格者
詳細は vic roads
 WA州  日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば運転可能。
翻訳は 日本大使館/領事館の自動車運転免許証抜粋証明       
詳細は Department of Transport     
 ACT  日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば3ヶ月まで運転可能。 3ヶ月以上の滞在はACTの免許に切りかえる。
翻訳は 日本大使館/領事館自動車運転免許証抜粋 証明  NAATI資格者
詳細は ACT Gouvernment
 SA州 日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば運転可能。
翻訳は 日本大使館/領事館のレターヘッドありの翻訳証明書  NAATI資格者
詳細は  sa.gov.au
 NT 日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば3ヶ月まで運転可能。 3ヶ月以上の滞在はNTの免許に切り替える。但し滞在が12ヶ月までなら例外申請あり
詳細は NT.GOV.AU
 TAS州 日本の運転免許証と国際免許証、もしくは日本の運転免許証と公的翻訳があれば3ヶ月まで運転可能。 3ヶ月以上の滞在はTAS州の免許に切り替える
翻訳は 日本大使館/領事館の翻訳  もしくは DIBP
詳細は Tasmanian Gouvernment


オーストラリアの運転事情とルール
左側通行、右ハンドルですので、日本と同じ感覚で運転できます。道幅も広く、日本と比較すると運転しやすいですが、ドライバーは日本ほど丁寧ではないようです。オーストラリア独特の「ランウンドアバウト」と呼ばれる交差点でのルールや、アルコールの規定、シートベルト不装着の罰金などは日本と異なりますので道路交通法を確認してから運転しましょう。